FC2ブログ

『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

あれから14年…

これまで何度もこのブログで伝えてきたことだが、やはりこの事に触れない訳にはいかない。

JR福知山線脱線事故から、今日で丸14年が経つ。
10時スタートの仕事のある日は、いつも事故を起こした列車に乗っていた。
その日はたまたまスタートが1時間遅れたので難を逃れたまでだ。

事故の詳細については省くが、
まさに当事者の方の記事があるので参考にしてもらいたい。
2005年4月25日 福知山線5418M 、「1両目の真実」

あの日、もしいつも通りのスタート時間だったら…
あの日、もし別の仕事が決まっていたら…

いくつもの条件がほんの少しずつズレていたお陰で、
今私はこのブログを書くことが出来ている。

事故後、実際に乗り合わせていたという人にも出会ったが、
一様に口を揃えて言うのは、『なぜ私が助かったのか』という自責の念。
少なからず私にもその様な気持ちもあるが、やはり当事者の言葉とは重みが違う。


あの事故以来、JRは安全運行を重視しているが、
過剰反応を見せていると感じることも無きにしも非ず。

どのようにすれば事故がなくなるのか、なくすことが出来るのかを考える上で、
この悲惨な事故を忘れてはいけないのである。

事故で亡くなった方々すべてに、合掌。

「まんぷく」です

はい、ご推察の通りNHK連続テレビ小説のタイトルです。
モデルは日清食品創業者 安藤百福さんの妻、仁子(まさこ)さん。
百福さんは言わずと知れたチキンラーメン生みの親ですが、それを陰で支えていたのが仁子さんという訳です。

そこで行ってきました
カップヌードルミュージアム 大阪池田


エントランスに入ってすぐ右側に展示室が広がっています。
目に入ってくるのは、全世界で展開されているインスタントラーメンの数々。


さらにその横には「研究小屋」が忠実に再現されています。
小屋の横にチキンラーメン完成までの映像が流れていますが、実は私がナレーションを担当しています


小屋の中は8~10畳ほどの広さですが、立錐の余地もないほどに見学者が押し寄せます。


そのチキンラーメンを実際に作ることが出来ます。
以前は予約制でしたが、今では見学当日に申し込むことが出来ます。


カップヌードルなら申込み不要で、しかもカップのデザインはその場で自由に描けます。
でも土曜日の午後とあって長蛇の列が出来ていました。


そしてやはりこちらも人気のコーナーです
そうです、仁子さんというより『ふくちゃん』です


エントランスにあるこのパネルの前で写真が撮れます。



朝ドラファンのみならず、皆さんもぜひ足を運んでみて下さい。
身近なインスタントラーメンが、もっと好きになることでしょう。


アクセス
住所:〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25
電話:072-752-3484(案内ダイヤル) ※お電話のおかけ間違いには、十分にご注意下さい。
開館時間:9:30~16:30(入館は15:30まで)

電車
阪急宝塚線

「池田駅」より徒歩5分

大忘年会

皆さん、今年一年はどんな一年だったでしょうか?
良かった、それ程でも、という方も含め2018年も残りわずかととなりました。

今日は毎年恒例の「ピーボ亭大忘年会」に参加しています。


亭主のピーボさんは、FM802やFM COCOLO、kiss-FMなどでディレクターとして活躍。
もう一つの顔が、シェフ❗️

そんなこんなで、毎年年末には100人以上が集まる大忘年会となるのです。
そしてお料理の数々…



もちろんこれだけではありませんが、私が酔っ払う前にアップしておきます😅

それでは今年もご覧いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。
来年が皆様にとって良き年となりますように…

PC復活祭

この1ヶ月悩まされ続けたマイPC。(デスクトップ)

起動の度にBIOSセッティングを促す表示が出て、その都度設定・保存するのだが保存されずに、毎回表示されていた。
起動しさえすれば普通に快適に使用できていたのでフラストレーションが溜まっていたのである。
レストアすれば出荷状態に戻って使えるのは分かっていたが、
WindowsやセキュリティーソフトのUpdateをはじめ、アプリケーションのインストールを含めると、
現在の使用状況に戻すまでに3日ほど時間を要するのである。


サポートに電話するも、日本語の話せる外国人で、日本人ではない。
チャットでサポートを受けても、分からず仕舞い。



その後何度も調べた結果、マザーボードのボタン電池を交換すると実害もなく復活することがある。
との記事を目にしたので、今日交換した。




その結果……






復活したぁ~~~~


購入後6年ほど経っていたのだが、まだまだ快適に使えるPCなので買換えは考えていなかった。
ホッと一息だ

実家

数年前からJR新線の延伸工事のため、一旦実家が立ち退き状態になっていました。
そして今日、その工事が終了したのに合わせ、終了確認に行ってきました。

実家1

実家2

フェンスに囲まれていますが、フェンスの内側が敷地です。
更地とはいえ、ウチの敷地ですから他人が入れない措置を取っています。

土地は返ってきましたが、古いながらも建物がなくなってしまうと
多少の寂しさを感じます。

その新線は、来年3月中旬に開通の予定です。

えんとつ町のプペル光る絵本展

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが描いた絵本『えんとつ町のプペル』
それが光る絵本展として、彼の出身地 兵庫県川西市にある多田神社で開催されています。(3月31日(土)まで)







石段を上がって奥に進んでいくと本殿に突き当たります。
そこを右手に進んでいくと会場である政所殿が見えてきます。


入口でブラックライトを放つペンライトを受け取り会場内へ。
ブラックライトは絵本の文章を読むためのもの。


会場内は撮影もOK。









彼はこの絵本をネットで無料公開。
実際の絵本は見たことがありませんでしたが、
今回の光る絵本展を見て、改めて作品の素晴らしさを感じることができました。
※ネットでの公開ページはこちら

今週末までの開催なので、ぜひこの作品に触れてみてください。
最寄りの能勢電鉄多田駅からは桜が出迎えてくれますよ。

あれから…

今日は3月7日。
そう、あれから一年経ちました。

福井県・スキージャム勝山でスノーボード滑走中に、スキーヤーと接触・転倒。
左手首を骨折した日です。

手術直後の左手


お陰で本来は6ヶ月後にプレート除去手術を受けるのですが、わずか3ヶ月で外しました。
そして無事2017-2018シーズンを迎えられました。

当初は骨折した同じ日に、リベンジボードに行くつもりにしていましたが、
スケジュールがうまく合わず断念しました。
雪質は期待できませんが、量はたっぷりとあるので、
何とか今シーズンが終わるまでにリベンジを果たしたいと考えています。

北海道・富良野トリップ

アハハ、またまた投稿期間が随分空いてしまいました

1月28日~2月1日まで北海道・富良野に行ってまいりました。
翼の下には函館の市街が広がっています。
空撮~函館

モニュメントがお出迎え。
富良野

初日は移動のみだったのですが、途中寄り道をしながら観光などもしています。
ドラマ「北の国から」で有名な『拾ってきた家』
拾ってきた家
手前は「黒板五郎」の遺言、奥に見えるのが拾ってきた家です。


さて翌日からはスノーボードを満喫。
サラッサラのパウダースノーです。
ゲレンデトップからはこの景色。富良野市街を望みます。
富良野市街を望む

さらにはこんな幻想的な光景が広がっています。
ゲレンデトップ

ここで記念撮影
記念撮影
ザ・ベストテンという歌番組では、ここからよく中継をやっていましたね。
ザ・ベストテン~富良野プリンスホテル

滑り終えたら腹ごしらえ。
山人(さんじん)名物「メンチカツ定食」
山人名物「メンチカツ定食」


そして帰路に就く前日も観光を…
富良野から美瑛に入るところで峠を越えますが、その峠を越えると降りしきる雪景色に一変。

自動車のCMで有名になった「ケンとメリーの木」
どういう訳かCMを知らないアジア系の観光客で賑わっていました。
ケンとメリーの木

こちらはタバコのCMの舞台です。
マイルドセブンの丘

この日は皆既月食の当日でしたが、うまく見ることが出来ませんでした。
しかし月食を控えた満月が十勝岳にかかる姿は見られました。
十勝岳


こうして無事に旅を終えられた訳ですが、
今回もまた私のスノーボードの師匠にお世話になり、さらに現地でも知り合った方々に助けられて楽しい旅となりました。
次はいつになるかは分かりませんが、また近いうちに北の大地を踏みしめたいと考えています。
師匠は「移住しろ」と言っていますが…

さようなら2017年

気が付けば2ヶ月も更新していませんでした…🙇🏻‍♂️

さて2017年を振り返ると、まるで厄年のような様々な事がありました。

まずは年明け早々恩師が急逝したと連絡があり、そこからご恩返しが始まりました。

次は、痛みを感じていた足が「足底筋膜炎」と判明し、この一年はランニングを控えなければならず、レースへのエントリーは全て回避。

さらには3月。
シーズンラスト前にコンディションが良い日を選んでゲレンデ(スキージャム勝山)に行ったところ、
スキーヤーとの接触・転倒で左手首を骨折。
20年以上スノーボードをやってきて、初の大ケガ。
そして人生初の手術と相成りました。
ここまで初ものづくしの事柄ばかりです。


足の治療がなかなか芳しくなく、運動としてのウォーキングも出来ず、その結果運動不足に陥り、一時期70kgほどまで落ちた体重が、ランニングを始める前の77~78kg辺りまで戻ってしまいました。

ここに来て75kg前後まで落ちてきましたが、足が本調子ではないので、まだまだ走り込みが足りません。
来シーズンに向けて徐々に調整していきます。


しかしね、悪いことばかりでもありません。
2017-18シーズンインしたスノーシーズン。
ボード・バインディング・ブーツを新調し、年明けには北海道の師匠との富良野トリップが待っています。


さあそれでは今年2017年もあと6時間を切りました。
今年一年、みなさんには色々とお世話になりました。
来年2018年もどうぞよろしくお願いします。

最後に、みなさんにとって来年がさらに飛躍の年となることをお祈りしています。
良い新年をお迎え下さい。

アー夏休み

世の中連休、さらにお盆休みに突入
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

私は一足早く夏休みを取り、昨年に続き、3年連続で飛騨高山に行ってきました。
ひるがの高原SA

早朝に自宅を出発。高速を車で走ること、約3時間でひるがの高原SAまでやって来ました。
ここで朝食を摂り、目的地の飛騨高山に向かいます。

市内に到着後、早速『飛騨牛』を満喫
飛騨牛『鳩谷』

既に少し食べ始めていますが、お肉の他に、野菜やデザートも付いて大満足。お腹いっぱいになりました。

その後腹ごなしを兼ねて街を散策。
下三之町

高山といえど日中は暑いのですが、日陰に入ると涼しいのです。
標高があり、空気も乾燥しているためです。
そして一旦宿にチェックインして、休憩。夜に備えます。

お目当てのひとつはコレ。
手筒花火1

手筒花火2

手筒花火(アップ)

毎年8月9日に行なわれる手筒花火です。
見ている者すべての厄(8・9)を落とす意味を込めています。
長さ1メートルほどの竹筒を小脇に抱え、10メートル近く炎が吹き上がる様は圧巻。
最後は竹筒の下から火が抜ける時に出る爆音が、腹に響きます。

※去年の動画から
[広告] VPS


翌日は有名な朝市を巡ったり、古い町並みを散策して、
飛騨牛寿司や飛騨牛コロッケ、みたらし団子などを堪能。
おまけはこちら。
心太(三杯酢)

一足早い夏休みを満喫し、リフレッシュできたものの、また暑い日々を過ごすことになりそうです
次のページ