『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

甲子園「勝手に予想」第9日~FB連動

大会第8日もまだ終わっていない状態で第9日の対戦を…
第9日は3試合が予定されています。

第1試合 滝川二 vs 仙台育英
滝川二は15安打を打ちながら4得点と苦しんだ上のサヨナラ勝ち。
おまけに打たれたヒットは13本。逆に言うと、ここぞという時の決定打を許さなかったという事。
滝川からすると、15本のヒットが繋がれば大量点を期待できる。
仙台育英は初戦20安打12得点で圧勝。初回から打線が爆発し、勢いそのまま押し切った。
初戦の戦い方を見ていると、決勝までいける戦力だ。

第2試合 津商 vs 鳥羽
古豪智弁和歌山を退けた津商。智弁和歌山の高嶋監督はこの敗戦で引退を表明した。
爆発的な打力はなくとも小刻みに加点する津商は、相手校にとっては厄介な存在である。
鳥羽は初戦で効果的に得点し、気付けば大量点を奪っている。
チャンスを確実にものにしてきた証しだ。

第3試合 健大高﨑 vs 創成館
健大高﨑の一気に畳みかける攻撃は脅威。初戦で8点を奪った攻撃は見事だった。
同じく地元の常連校天理に粘り勝ち。創成館は我慢の野球で旋風を巻き起こすか!?


第8日同様好カードが組まれており、毎日熱闘から目が離せない。

第97回全国高校野球選手権大会

毎日気温35℃以上の猛暑日が続いていましたが、大阪は連続11日で記録が途切れました。
といっても、暑いのには変わりありませんが…

さて私のFBでは毎日出場校の紹介を含め、「勝手に予想」を展開しています。
そこでやはりナマで観戦しないといけないと思い、甲子園球場にやってきました❗️


明日以降はその「勝手に予想」をこちらにアップして、FBと連動させるつもりです。

チケットGetだぜ!

今日10月23日は2014年ドラフト会議。
プロ志望の選手は、どの球団から指名されるのか、ドキドキしている時でしょう。

実は私もドキドキしています
というのも、プラチナチケットを手に入れたからです
プラチナチケット

阪神タイガースのファンである私は、前回日本一になった1985年当時はそんな余裕もなかったのですが、
今回は時間的にも余裕が出来たので手を伸ばしました。

それでも、先行抽選に外れたものの、余分に取った(取れた)という方から声を掛けていただき、
ようやく手に入れたものです。
ですから文字通り、『プラチナチケット』な訳です


さあ今週末は甲子園で、六甲おろしを歌うゾォ~~~ 【“チケットGetだぜ!”の続きを読む】

ご無沙汰しました

ありゃ、気が付けば2ヶ月も放置しっ放しに…

今年はいつになくプロ野球観戦が増えています。

京セラドーム 阪神 vs 中日

ほっともっとフィールド オリックス vs 広島

甲子園 阪神 vs 西武

甲子園 阪神 vs 巨人(ファーム交流戦)

甲子園 阪神 vs ソフトバンク

そして今日。相手は投手・バッターの二刀流、大谷翔平選手の先発。
甲子園 阪神 vs 日本ハム


しかし大谷選手の調子が良く、手も足も出ない感じです


結局応援の甲斐もなく、敢え無く完封負け…
今日の大谷投手は最高のピッチングで、どのチームと対戦しても勝っていたでしょう。


シーズンは間もなく交流戦が終了し、折り返し地点が近付いて来ました。
まだまだ上を目指せる位置にいるので、何とか踏ん張ってクライマックス・シリーズに臨んでもらいたいものです。
(昨年はあっさり鯉チームにやられてしまいましたから…)

さぁーて、次はいつ観に行こうかな?

神戸9クルーズ

昨日開催された少年野球教室。
指導に当たってくれたのは、『神戸9クルーズ』の選手達。


なかでもお目当てはナックルえりちゃんこと吉田えり選手。
ミーティング


硬式野球チームのOBが9クルーズに所属している事で実現した野球教室でしたが、
その中に混じってえりちゃんも一緒に指導してくれました。
指導中


指導する前のキャッチボールで、ナックルボールを披露。
投球練習 キャッチボール
ボールが回転せず、縫い目がしっかり見えていました。
これだと、バッターはボールが揺れながら落ちてくるので、とても打ちにくいはず。



最後は当然ながらサイン攻めにあっていました。
サイン攻め



私はサインはもらわず、写真だけ撮りました。

編集中!

私が所属している少年野球チームのDVD作成のため、
本格的に動画を編集中。

編集画面

一年間録り貯めたビデオから、選手の印象に残った試合や監督が選んだ名シーンをピックアップ。
さらにそれを一本に纏めます。
カメラも2台回していたので、
同じ試合の同じシーンがあれば、同じ画面でシンクロさせて見せたりもします。(左上が確認画面)

総尺31'30"の編集もほぼ終わり、あとは画像を入れ替えたり、テロップを修正して完成です。
卒団する選手達に記念DVDとして贈ります。

来季に期待

明日からプロ野球日本シリーズが始まる。(セ・リーグ覇者 巨人 vs パ・リーグ覇者 西武)
だが私には関係ない。


我が阪神タイガースは、残念ながら屈辱的な2位敗退であった。
しかし真弓明信新監督の下、来期はきっと雪辱を果たしてくれると信じている。

オォ、オォ、オォオォ~、
は~~~んし~~~んタイガ~~~~ス
フレ~~、フレフレフレ~~~~



そんな中でも様々な記念品がある。
阪神タイガースを応援している某家電量販店でもらったステッカー。
タイガース'08ステッカー
優勝の二文字が入るはずだった右上には『ありがとう』の文字が…



過去にはこんな商品もあった。
優勝記念缶
2003年星野仙一監督が率いて優勝した時のもの。
中身はもちろん、ない…

ペナントレース終盤戦

我が阪神タイガースが負けた。
しかも大事な大事な一戦で

何が「メイク・ミラクル」だ、何が「メイク・ドラマ越え」だ
残りの3試合全部勝ってやる(くれ)


ところで今シーズンは引退する顔ぶれがビッグネームばかりのような気がする。
オリックスバファローズの清原和博選手を筆頭に、桑田真澄投手、さらにはSoftBankホークスの王監督etc。
中でも清原選手の引退試合はCS放送で観戦していたが、
試合後のセレモニーでは泣けたなぁ。
つい先日京セラドームで観戦したばかりの清原選手が、
来シーズンはユニホームを着ていないのだ。
(過去の記事【UFO出現?!】参照)


清原選手と言えば、思い出したことがあった。

私の元マネージャーは奈良・智辯学園の野球部出身。
桑田・清原率いるPL学園との練習試合でのこと。
その彼は3塁を守っていて、打席に清原を迎える。
清原の放った打球は、3塁手の頭上を襲う痛烈なライナー。
ジャンプ一番、必死に飛び付き捕ろうとしたが、惜しくもグラブの上を打球が飛んでいく!
着地後打球の行方を見た彼が見たものは………





腕を回す審判の“ホームラン”のコール。

彼がチームメイトからかけられた声は、
『ホームランの打球に飛び付くな!』



さらに打席に立てば、桑田投手の投げたボールが顔めがけて飛んでくる。
『アッ、危ない』とっさによけた彼は耳を疑った。





『ストライ~~クッ』


鋭く曲がるカーブだった。




超高校球児というのはこういう選手のことを言うのだろう。
新日本石油ENEOSのエース田沢純一がドラフトを避けて、いきなりメジャー挑戦を表明した所、
日本プロ野球組織は『帰国後2年は契約できない』という、ほとんど罰則のような規制を設けた。
しかも田沢選手も対象となる…

人材流出を危惧するなら、
とあるご老人の顔色を伺ったり、意見に耳を傾けるより、
もっと魅力あるプロ野球界を目指すのが先決だと思うのだが…





と、と、とにかく
阪神タイガースはもう後がない
残り試合全部勝つつもりで頑張ってもらいたい。
ファンは応援するしかないのだから…

※金本知憲【覚悟のすすめ】 角川ONEテーマ21より好評発売中
金本知憲【覚悟のすすめ】

UFO出現?!

まるで映画『インディペンデンスデイ』に登場するUFOを思わせるようなこの物体は?インディペンデンスデイ


実は京セラドーム大阪の天井でした。




この日は、ここ大阪ドームでキャッチボールが出来るので、
少年野球チームの子供達と行ってきました。
キャッチボール


そして練習の後はもちろん野球観戦!
オリックスバファローズ対北海道日本ハムファイターズ

試合はオリックスの下山が先頭打者(初球)ホームランで先制後、
ローズ・カブレラのアベックホームランで追加点を挙げ、楽勝ムード。
こうなれば後はこの男を待つだけ…
清原登場!


清原選手が登場しただけで、球場全体が歓声の渦!
彼に対する声援が、バッターボックスに立っている選手以上に大きかったのが印象的でした。
(その時のバッターは北川選手でしたが、やりにくかっただろうなぁ…)
キヨハラ~~!


結局清原選手は三振に終わりましたが、
それでも観客は満足して帰路に就いていました。

甲子園

甲子園~夏
昨日行ってきた甲子園リポート第2弾
と言っても内容的なことではなく、試合の合間の一コマなどを…
最初はあまりにキレイだった甲子園の空。


次はグランド整備では定評の阪神園芸の『芸術的な水撒き』芸術的水撒き



そして最後は、この日のお目当ての試合。
スターティングメンバーが表示されているスコアボード。
スコアボード(高校野球)
次のページ

FC2Ad