『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

終了~噛んだらリベンジ

ライブ『噛んだら終了-リベンジ-』が終了しました。
ご来場下さった皆さん、有難うございました
ここからライブレポートが始まります。(文中敬称略)
○--------------------○--------------------○


夏至の6月21日(日)、大阪・中津のLiveSpace『Vi-code』に集まった総勢13名のナレーター達。
大阪を代表すると言っても過言ではない豪華な面々。

そこで繰り広げられる熱い戦い、己の技術とプライドを賭けた幕が切って落とされた



前回同様、初見で本を読み秒数の長さを競うのだが、今回はトーナメント方式で争われる。
まずは抽選によって対戦相手と読む題材が決まる。
これがまた緊張感を高める。
私は主催者ということで『シード』され、2回戦からの登場となった。


1回戦は1分間読み切ればクリアとなり、両者クリア・同点となれば早口言葉で勝敗を決める。
勿論、噛んだ時点でドボン

しかしクリアする者が続出。やはりレベルの高い戦いになった。



そして私の対戦相手も決まり、いよいよ2回戦の開始。
私の対戦相手は、ベテラン『工藤恭造』、FM802DJ『西田新』の両者。

このグループ、トップの工藤は約15秒で噛んでしまう。
次に西田の登場。ダークホース西田は1回戦クリアしての勝ち上がりである。
ここでも彼は見事クリアし、決勝進出に王手をかけた。

ようやく私の登場となったが、決勝進出にはクリアしかない。
リベンジを果たすには、またまたハードルが高くなった。
しかし…




36秒で、噛んだ




何とも中途半端な記録だった…





そして遂に決勝進出者が出揃った。

畑中ふう : 前回6秒で噛み、私とともにサブロク・コンビと呼ばれることに。今回は密かに優勝を狙っている。

西田新 : 今回はDJとして参戦し、異種格闘技の様相を呈した戦いに一役買ってくれた。

下間都代子 : 私とともに京阪電鉄の駅構内アナウンスを担当。槇大輔主宰『語座』の一員である。




さて決勝は…

これまでは噛んだ時点で終了だったが、決勝はそれぞれが決められたパートを読み切る。
噛んでも、漢字が読めなくても、自分のパートは読み切る。
ナレーターとしての本領を発揮するため、採点基準はズバリ『表現力』

やはり決勝まで駒を進めた強者。
トップの畑中は、自分の世界を作り上げ、見事読み切る。
2番手西田は、まるでラジオを放送しているかのように聴き手を引き込む。
ラストの下間は、感情豊かに表現し、最後は涙を誘う。

いずれも甲乙付けがたく、採点者も誰に投票するのか悩むのだが…




そして雌雄を決するときが来た

優勝者は…





下間都代子


優勝者にはトロフィーと副賞のガムとスルメが贈られた。




さらにここで、最下位となった者には罰ゲームが待っていたのだった
最下位となったその人は


しのや文秀


はたして罰ゲームとは?

こちらからどうぞ

コメント

お疲れ様でしたv-237
今回はクリアが多くてびっくりしましたね。
私はかなりクジ運良くて、横文字が無かったのが勝因です。

頂いたガム、かなり気に入ってますv-10

  • 2009/06/24(水) 02:50:31 |
  • URL |
  • とよばあ #-
  • [ 編集]

さすがです

>とよばあさん

別サイトにも書き込みしましたが、
初出場初優勝、おめでとうございますv-237

副賞のガムはやはり『必須』でしょうv-218
どこかスポンサーが付いてくれないかなぁ…i-235

  • 2009/06/24(水) 11:34:14 |
  • URL |
  • テツワン #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad