『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

パリより愛をこめて

よく似たタイトルに、007シリーズ『ロシアより愛をこめて』というのがありますが、
それとは全く違います。


原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレル。
『TAXi』『トランスポーター』『96時間』などの作品を手掛けたコンビ。
パリより愛をこめて


ところが、タイトルとは想像も付かないド派手な内容で、
そのハチャメチャぶりはTAXiにも通じるもの。
ただコメディータッチのTAXiと違うのは、
ドンパチ・ドッカンのオンパレードで、アクション映画そのもの

ジョン・トラボルタは直ぐ銃を取り出し、敵を倒していくのに対し、
ジョン・トラボルタ

ジョナサン・リース・マイヤーズは、知性派ゆえに優しすぎるエージェント役。
ジョナサン・リース・マイヤーズ

そんな二人の交流を描きながらも、
最後はこのタイトルが非常に意味を持つ展開になっています。


今年になって既に10本以上の映画を観ましたが、
久し振りに紹介したくなった映画でした

『パリより愛をこめて』:公式サイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad