『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

富士山リポート~登頂編

足の筋肉痛が続いているテツワンです
さて、8/8~10の日程で行って来た富士山リポートを


8日夜にバスで出発したツアーメンバーは、翌朝には富士山南側の登頂ルートである富士宮口に到着。
富士宮ルート五合目


AM 09:00
準備を整え、いざ出発
山頂を目指し、いざ出発!


歩き始めは砂礫(砂)で、比較的歩きやすい。
砂礫


AM 09:30
そうこうしている内に、六合目に到着。ここですでに息があがっている。
六合目

しばらく休憩したら、次を目指す。
しかしこの六合目~七合目の間が一番距離が長い。
登山中 頂上が見えない!?

追いかけてくるガス 小石

PM 13:15
元祖七合目に到着。
元祖七合目 標高3000m

標高も3,000mを超え、ここで心配なのが『高山病』
地上に比べて空気が少なくなるので、当然酸素も薄くなる。
すると頭痛吐き気をもよおす。
幸い私はまだ大丈夫である。

登り始める前に登山ガイドさんが教えてくれた。
『腹式呼吸』でしっかり呼吸しながら登れば大丈夫だと…

それならお手のもの。
呼吸を意識しながら登り続ける。

八合目に向かうが、呼吸を整えながらでも息があがり、苦しいと感じる。

高山病予防のため、ツアー参加者は『酸素カン』を持参しているが、
私は『酸素タブレット』を選択。
ラムネ状の錠剤を舐めたり噛んだりして摂取すれば、血中酸素濃度を上げる効果がある。
呼吸法とこの酸素タブレットのおかげで、この時点でも高山病の症状はほとんど出ていない。

PM14:50
やがて八合目に到着。
八合目看板 八合目

ここにきて、少し頭痛がしてきた。
首の後ろ、後頭部あたりが重くなってきたが、深呼吸すると楽になる。

さてここからが正念場。
いざ九合目に向かうが、勾配がきつくなり、岩や瓦礫が目立ってきた。
足場を確認しながら登るので、これまでのように登頂速度が上がらない。
写真を撮る余裕もなくなってきた。

PM15:45
何とか九合目に到着。さらに上を目指し、この日の宿(山小屋)に向かう。
九合目

PM17:00
登り始めて8時間。九合五勺の宿に到着。(宿の名前に注目『胸突山荘』)
九合五勺


到着後食事を摂り、山頂を目指すために仮眠を取る。
布団

布団一枚に付き二人で寝るスペースしかない。
しかし疲れている身には、体を横たえ、足を伸ばせるのが有難い。
さぁ、明日は頂上だ



山頂編に続く…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad