『ザ・テツワン』~人生這い上がり

人生成り上がっちゃダメ、這い上がらなきゃ! 仕事からお天気や日常の事までをツラツラと…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2度目の富士登山

世間はお盆休みの真っ只中。
そんな中私は富士登山のリポートを

前回2010年に初めて登ったのと同じルートを選択。
比較的楽だと感じたためだが、実際には何度か登ったことがある人が選択するコースだと知る。


登り口の五合目は綺麗に晴れ渡り、富士山頂もこの通り。
快晴の富士山

一方地上の方は雲が広がっていた。
駿河湾

登り始めは標高2,400mだが、カロリー補給のために持って行ったお菓子の袋は既にこの通り…
既にふくれてます!


さて登り初めてすぐに六合目に到着。
六合目
まだ100mしか登っていない。

さらに進むと、江戸時代(宝永時代)に噴火した宝永火口が見えてくる。
この時の火山灰は江戸の町に5cmほど降ったらしい。

六合目を過ぎると、息苦しさと共にだんだん景色も変わってくる。
下界の雲

途中何度か休憩しながらも、順調に登って行く。
元祖七合目
もうすぐ八合目 八合目

今年は雪が多く、山開き直前にはまだかなりの雪が残っていたらしい。
八合目に残る残雪が、しばし涼しさをもたらしてくれる気がする。
残雪

これはそんな風雪にさらされた鳥居の残骸だ。
鳥居の残骸
柱部分には願掛けのコインが挟み込まれていた。


そして九合目を過ぎ…
九合目

本日の宿、九合五勺の胸突山荘に到着。
九合五勺の山小屋

ここから山頂までは30分程だが、翌日に備え仮眠を取るのである。
翌日は午前3時に山小屋を出発し、山頂を目指す。


ここ数年は、山ガールや富士山ブームで登山客も増えているが、
それでも私が登った時期は少ない方だと、ガイドさんは言っていた。



翌日、ヘッドライトの灯りを頼りに山頂へ。
富士山頂奥宮

無事到着し、まずは剣が峰を登り3,776mの最高到達点へと向かう。
写真を撮り、慌てて御来光のために観覧スポットに移動する。

なんとか間に合った…
御来光

ちょうど御来光の時刻にガスが出始め、乱反射して綺麗には写真に納められなかったが、
逆に幻想的な写真になったのではと、自画自賛してみる。


さあ、ここから下山だ。
分岐点のある八合目までは全員で30分掛けて下り、そこから先は自由下山。
山中湖


前回は慌てて降りたので膝に随分負担が掛かり、最後は脚に来た。
今回はこのために3ヶ月前からトレーニングをして準備した甲斐もあって、
五合目までは1時間30分で下りてこられた。
無事にゴール!


翌日、案の定腕と脚に筋肉痛は出たが、前回とは比べものにならない程楽だった。
日頃のトレーニングが必要だと痛感した。


今週はお盆休みを取るが、
来週からはまたいつものようにトレーニングを続け、
健康管理と共に体力作りに励むことにしよう…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。